早漏と勃起不全を一錠で治療

カップル タダポックスとは、一度にED改善と早漏改善を行う事の出来るジェネリック医薬品で有り、作用の全く異なる二種の成分が二つの症状に作用する事で療治させる事ができ、一つをタダラフィル又もう一つをダポキセチンとしており前者は20mg、後者は60mgの用量単位としており合計で80mgの成分用量となり、性交の前にタダポックス一錠を経口の内服をする事で行為中に効き目を発揮するとされています。

ED改善成分タダラフィルは、先行シアリスの成分となり長時間作用を特徴としている成分で内服した日から翌日まで効き目を持続させる事が可能となり、時間や効き目を気にして性交に集中できない等の精神的な負担を軽減させる事が出来るとしており又、本成分は先行薬であれば20mgで2000円前後の薬価とされていますが、本剤も同一同量の成分で400~500円程に薬価を抑える事が出来るとしているので掛かる費用を抑えて継続的に治療を行う事が出来ます。

早漏改善成分ダポキセチンは短時間作用を特徴としており、約一時間で血中内での濃度が最高点に達し1.3時間程で半減期を迎えるとされているので体外への排泄も早く安全性が高いとされ、この成分は早漏改善成分として唯一国際的にも効用を認められており、国際的にも早漏症を療治させる為に内服している方が多いとされる成分になります。

タダポックスの作用としては、タダラフィルはEDが生じている際に原因とされるのが血液の流入量が低下する事に有るとされますが、海綿体に存在する酵素の活発化により平滑筋を弛緩する為の物質が分解される事で起こるとされており、内服する事で勃起状態発現の妨げになっている酵素を阻害する事で物質優位な状態にする事で、血管を太く拡げる事ができ、その結果として多量の血液を海綿体へと輸送する事が可能になるとされています。

一方のダポキセチンは脳内に作用する成分で、交感神経の異常な迄の興奮状態を改善する事が出来るとされ、興奮を抑制する働きを持つ5-HTが不足する事で短時間射精となるので、脳内のシナプス間隙で物質が再度、取り込まれてしまう事を阻害する事によって一時的に濃度を高める事ができ結果、高濃度となる事で神経をなだめ一定時間まで射精感を減退させる事が出来るとされています。